五木ひろしが「TSUNAMI」をカバー、「湘南」が「日本海」になる感じ?

ここでは、「五木ひろしが「TSUNAMI」をカバー、「湘南」が「日本海」になる感じ?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
五木ひろしが「TSUNAMI」をカバー、「湘南」が「日本海」になる感じ?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081126-00000000-oric-ent

11月27日11時55分配信オリコン拡大写真五木ひろしの歌う「TSUNAMI」が収録されるコンピレーションCD『エンカのチカラ’80~’90』『第59回NHK紅白歌合戦』の出場者が発表され、水谷豊、大橋のぞみ、羞恥心ら初出場が決まった歌手に話題が集中する中、『紅白~』常連ともいえる五木ひろし、川中美幸、石川さゆりら演歌歌手の出場も決定した。そんな演歌歌手21組人気J-POPをカバーしたコンピレーションアルバム『エンカのチカラ』が12月3日に発売される。演歌歌手の歌唱力で、例えば五木ひろしの歌う「TSUNAMI」は、オリジナルの湘南のイメージが一瞬で日本海になる感じと言う人もいて、関係者の間でも評判を呼んでいる。八代亜紀が歌う「いとしのエリー」が収録される青盤12月3日に発売されるコンピレーションアルバム『エンカのチカラ』は、「80’s~90’s」の赤盤と「70’s」の青盤の2枚。赤盤には五木ひろしが歌うサザンオールスターズの「TSUNAMI」、前川清の歌うGLAYの「HOWEVER」など、青盤には、八代亜紀「いとしのエリー」、石川さゆり「ペッパー警部」などが収録される。参加アーティスト全21人中20人がNHK紅白歌合戦出場経験者で、出場回数平均は先日発表された2008年分までで、前川清にクールファイブとしての出場回数28回も含めると、18.6回にもおよぶ。まさにベテラン揃いのラインナップ。そんな歌唱力で聴くJ-POPのヒットナンバーは、楽曲そのものの魅力を再認識することができる。「NHK紅白歌合戦」をはじめ、年末年始には恒例の音楽番組の特番が目白押し。年をまたいでの息の長いセールス動向が注目される。

[引用元:Yahoo[エンタメ総合(オリコン)]]

五木ひろしがサザンの名曲『TSUNAMI』をカバー!!!

五木ひろしは演歌歌手ですが、サザンの曲をどうやってカバーするのか楽しみ!!

紅白では歌わないようですが、歌ってみて欲しかったなぁ~。。


ナイキ エアフォース ナイキ シューズ ナイキ シューズ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jobcafe.blog123.fc2.com/tb.php/769-3dd3e002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2008/11/27(木) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。