清志郎復活のノロシ、旧友ライブで熱唱

ここでは、「清志郎復活のノロシ、旧友ライブで熱唱」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
清志郎復活のノロシ、旧友ライブで熱唱

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081121-00000009-nks-ent

11月21日10時3分配信日刊スポーツ左腸骨に転移したがんのため療養中のロック歌手忌野清志郎(58)が20日、都内のブルーノート東京で、復活ののろしを上げる歌を熱唱した。92年にバンドを組んでいた旧友、米国のR&Bバンド、ブッカーT&THE MG’sのステージに、飛び入りで上がると、米国R&B歌手ウイルソン・ピケットの名曲「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」を歌った。7月14日のがん再発の告白以来、初めて公に姿を見せ、会場は拍手喝采だった。予定にない突然の熱唱だった。清志郎が客席でライブ鑑賞中に、親友のギタリスト、スティーブ・クロッパー(67)が「オレたちの長年のフレンドを呼びたい。ニッポンが生んだNO・1シンガー、キヨシロー。」と紹介。突然で「オレ聞いてないよ…」とつぶやきながらも清志郎は遠慮がちにステージに上がった。最初は、手持ちぶさたで戸惑いを隠せなかったが、同曲の演奏が始まると、マイクを握り歌った。「ブルーノート、ベイベー。」。次第に気持ちよくなってきたようで、歌い終えると「ゴキゲンだぜ、ベイベー。」と叫んで、観客を興奮させた。現在は週1回の通院治療を受け、温泉に行ったりゆっくり療養している。顔色も体格も4カ月前と変わらず、歌う姿はソウルマン清志郎の迫力そのままだった。「びっくりしたよ…。でも、家でもデモテープ作ったりしてるから」。音楽への情熱と、復活への手応えを、十二分に感じさせる一夜だった。最終更新:11月21日10時3分歌手・アーティスト 忌野清志郎(イマワノキヨシロウ)誕生日星座おひつじ座出身地東京血液型[ 出典:日本タレント名鑑(VIPタイムズ社)(外部リンク) ]主なニュースサイトで忌野清志郎の記事を読む話題の言葉:オダギリジョー、羞恥心解散、福山雅治、夢日記、トム・クルーズ、宮崎あおい前の記事:マッチがムード歌謡、裕ちゃんばりの色気(日刊スポーツ) - 10時3分

[引用元:Yahoo[エンタメ総合(日刊スポーツ)]]


忌野清志郎がライブで飛び入り参加っ♪

忌野清志郎は喉頭がんが左腸骨に転移したため療養中だったが、ブッカーT&THE MG’sのステージに飛び入りで参加しました!!

コレは近々、忌野清志郎が復活するのではないでしょうかねぇ~♪


ナイキ sb ナイキ sb ナイキ ウエア
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jobcafe.blog123.fc2.com/tb.php/764-fe289656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2008/12/29(月) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。