阪神、岡田監督後任は外国人も候補

ここでは、「阪神、岡田監督後任は外国人も候補」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阪神、岡田監督後任は外国人も候補

79年、スタントン(左)を出迎えるブレイザー監督(右)とラインバックポスト岡田は外国人もOK。阪神は辞任する岡田彰布監督(50)の後任人事に着手しているが、坂井信也オーナー(60=電鉄本社社長)が13日、候補者を球団OBに限定せず、外国人を含めて、広く人材を求める考えを明らかにした。「私の責任で決める」と断言するオーナーが、新監督の候補者像について触れたのは初。岡田監督との直接会談で辞任の意思を最終確認した後に、急ピッチで後任の人選に取りかかる。クライマックスシリーズを目前に控えて監督問題に直面した阪神坂井オーナーが、新監督候補の資格について初めて口を開いた。現段階では条件面で制限を設けず、幅広い視野で最適任者を探していく考え。球団OBにこだわらないばかりか、外国人監督も容認するオープンな姿勢だ。「仮定の話で(紙上で)名前がいっぱい挙がっていますね。球団OBが多いみたいですが、OBでないといけないという狭い枠組みにはとらわれていません。OBかOBじゃないかはどちらでもいい。極端な話、外国人になるかも分からんです。そういう人がいるのならばね」「体育の日」だったこの日は、理事長を務めるタイガースGC(兵庫県加東市)での記念ゴルフコンペに参加した。ホスト役としてラウンド中も、目の前の難問が頭から離れなかった。「ポスト岡田」は外国人もOK。「極端な」考えまで浮かんでいるのは、フラットな視点で候補者を絞り込みたい姿勢の表れだ。プレーヤーか指導者として、少なくとも1度はタテジマを着たことのある人物に来シーズンを託したい。OBを重視するのは伝統球団ならではの発想だが、実際に監督選定を行う坂井オーナーはこだわりを捨てている。出身にはこだわらず、重視するのは適性だ。79年から2シーズン指揮を執ったブレーザー氏以来、敬遠されてきた外国人監督も、候補者に組み入れた。「決めるまでいろいろな人に話を聞くでしょう。本人には、候補者を絞ってから実際にお話しするんでしょうな。何人にも声をかけて、その中からなんてことはできないでしょう」メジャー球界などで用いられている、複数の候補者と面接してから最終決定する「ヒアリング」の手法を、オーナーは否定した。吉田義男元監督(日刊スポーツ客員評論家)などOBや、星野仙一SD、南信男球団社長という“身内”から広く意見を求めて判断する。理想の監督像を問われて「ひと言では難しい。また考えておきます」と坂井オーナーは話した。OBでは田淵幸一元チーフ打撃コーチ、日刊スポーツ評論家の真弓明信氏、生え抜きの内部昇格として平田勝男2軍監督、木戸克彦作戦兼バッテリーコーチらが候補となるが、これらに対抗する形で、外国人まで枠を広げた外部招へいをにらんだ作業に取りかかる。[2008年10月14日13時28分 紙面から]

[引用元:日刊スポーツ]

阪神タイガースの岡田監督がリーグ優勝できなかった責任として監督を辞任することになりました。

巨人が優勝したことで岡田監督の意思はさらに固まったようですね。

岡田監督の辞任はかなり寂しいですねぇ…。

源氏物語 イラスト 源氏物語 ダイジェスト 源氏物語 翻訳
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/10/22(水) 09:46 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jobcafe.blog123.fc2.com/tb.php/674-7aac3e0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。