大林監督 峰岸さんしのぶ「カット、OK!さぁ飲もうか、と言ってやりたい」

ここでは、「大林監督 峰岸さんしのぶ「カット、OK!さぁ飲もうか、と言ってやりたい」」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大林監督 峰岸さんしのぶ「カット、OK!さぁ飲もうか、と言ってやりたい」

俳優の峰岸徹(本名・知夫)さんが、肺がんのため、11日午後11時32分に都内の病院で死去していたことが13日、所属事務所から発表された。峰岸さんを弟のようにかわいがっていた大林宣彦監督(70)は「カット、OK。 さぁ飲もうか、と言ってやりたい」と故人をしのんだ。峰岸さんの劇映画としての遺作「その日のまえに」のメガホンを執った大林宣彦監督が、都内で会見。最後の一言として「『カット。』とは言いたくないけど『カット、OK。 さぁ飲もうか』こう言ってやりたい」と言葉を送った。当初「その日―」に出演予定はなかったが、大林監督が編集中に思い立ち、峰岸さんの命が残りわずかなことを知っていたこともあり、南原清隆(43)演じる主人公の祖父という役どころで、1シーンだけ追加した。7月21日に峰岸さんの自宅を少数の撮影スタッフとともに訪れ、自宅前で1時間ほどをかけて撮影。「見舞いに行くのは大嫌いだったけど、撮影見舞いということで。1発でOKだったけど、トン(峰岸)から『もっと攻めてほしい』と言われて…。映画が待ってるぞと別れたのが最後だった」と振り返った。峰岸さんとは自宅も数百メートルの距離で「友だちというか弟のように過ごした」と家族ぐるみの付き合い。「あいつねぇ、大林映画に最多出演と誇らしげに言ってた。数えたら28本。とんでもない野郎ですよ」。約1時間の会見では終始、さみしさを隠すような笑み。「(なきがらは)誇らしく『やっただろ。 OKでしょ』と言ってるような安心した顔をしていた。内面は普通のオジサン。愛すべきブ男でしたよ。まさにあっぱれ」と“弟”の早過ぎる死を惜しんだ。訃報・おくやみ

[引用元:スポーツ報知]

峰岸徹さんがお亡くなりになられました…。

峰岸徹さんといえばドラマ『高校教師』で桜井幸子の父親役で出演されていてとても印象に残っています。

また大物俳優が一人旅立ってしまい、とても残念に思います。

ご冥福をお祈りいたします。


源氏物語 論文 源氏物語 横浜 源氏物語 内容
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jobcafe.blog123.fc2.com/tb.php/672-95bd1c64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2008/10/18(土) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。