緒形拳さんが“命を懸けた”遺作『風のガーデン』、初回視聴率は20.1%

ここでは、「緒形拳さんが“命を懸けた”遺作『風のガーデン』、初回視聴率は20.1%」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緒形拳さんが“命を懸けた”遺作『風のガーデン』、初回視聴率は20.1%

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081009-00000034-oric-ent

10月10日10時15分配信オリコン拡大写真故・緒形拳さん[08年9月撮影]肝がんのため5日夜に亡くなった俳優・緒形拳さんの遺作となったドラマ『風のガーデン』(フジテレビ系)の第1話が9日に放送され、ビデオリサーチの調べで20.1%の視聴率(関東地区・番組平均)だったことが10日(金)わかった。故・緒形拳さん“壮絶”生涯俳優人生倉本總が脚本を務め、緒形さんの息子役を中井貴一が演じる同作品は、人間の生と死がテーマに描かれている。海外で緒形さんの訃報を聞き、8日に緊急帰国したという中井は放送の日の朝、ニュース情報番組『めざましテレビ』(同系)に出演。「先輩が自分の人生を懸けて、番組を永遠のものにしてくれた。その放送日には自分がいなくては」と思いを語った。また、同作品には父(緒形さん)と勘当された息子(中井)が面会するというストーリー上、重要な意味を持つシーンがあり、その撮影時に「OK」の声がかかった瞬間、まさに精魂尽き果てた様子の緒形さんが椅子にうずくまってしまったというエピソードも明らかに。文字通り“命”を懸けての撮影現場であったことをうかがわせる。緒形さんは同作品について「中井貴一の代表作となる」と語っていたという。この言葉を受けて中井は「僕は今回の『風のガーデン』は緒形さんという俳優の代表作だと思っています」と声を震わせながら、こう続けた。「(緒形さんの)芝居が素晴らしかった。僕たち(出演者がスタッフ)は緒形さんによって動かされた」。

[引用元:Yahoo[エンタメ総合(オリコン)]]

緒形拳さんの遺作となってしまったドラマ『風のガーデン

視聴率は20%超えだったそうですね。

緒形拳さんの遺作となってしまったこのドラマ、かなり意味の深いものとなっています。

秋 ワンピース ワンピース 動画 ワンピース フィギュア
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jobcafe.blog123.fc2.com/tb.php/668-17a3be37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2008/10/12(日) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。