大麻騒動で「ちゃんこ 若」懸賞見送り

ここでは、「大麻騒動で「ちゃんこ 若」懸賞見送り」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大麻騒動で「ちゃんこ 若」懸賞見送

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080911-00000020-nks-fight

9月11日9時36分配信日刊スポーツ大麻騒動が“若乃花休場”を決断させた。元横綱3代目若乃花で、タレント・実業家花田勝氏(37)が共同経営する料理店「Chanko Dining 若」が、秋場所の懸賞を見送ったことが10日、分かった。同店の経営母体である(株)ドリームアーク広報は「もともと宣伝広告費の見直しをしていました。今場所は様子を見て、また戻すかもしれません」と説明。協会関係者は「今回の騒動が影響したと聞いている」と明かした。同社は花田氏が00年の引退後に創業し、国内外に30店舗を構える。大相撲の懸賞には04年夏場所から参加。花田氏の「角界に何か恩返しをしようと思った」との思いからだった。先場所まで26場所連続で「出場」し、最盛期には1場所30本以上も。現在も約25本を出し「ちゃんこは 若 ○○店で」と全国各地の店舗名が呼ばれるアナウンスは名物になっている。しかし、ロシア出身3力士による大麻騒動が起きたことも影響し、同社のほか、1場所5本懸けていた不動産会社も大麻騒動を理由に“休場届”を提出した。昨年の時津風部屋序ノ口力士死亡事件後の九州場所でも「印象が悪い」という理由でスポンサーが見送り、本数が大幅減したことがある。協会関係者は「いいイメージを取り戻そうとしている最中だったのに…」とため息。バブルが続いていた角界にも、寒い風が吹いてきた。

[引用元:Yahoo[格闘技(日刊スポーツ)]]


『ちゃんこ 若』を経営している元横綱:若乃花の花田勝。

花田勝は相撲界に恩返しの意味をこめて懸賞を出してきていたんですねぇ。

大麻騒動が起きたことでイメージが悪くなったことは確かだから花田勝も懸賞を考えますよね。



鬼 デニム 児島 デニム エナジー デニム
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jobcafe.blog123.fc2.com/tb.php/595-33f2dacf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。