観月ありさ連ドラ主演20号…日テレ系10・8「OLにっぽん」

ここでは、「観月ありさ連ドラ主演20号…日テレ系10・8「OLにっぽん」」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
観月ありさ連ドラ主演20号…日テレ系10・8「OLにっぽん」

女優の観月ありさ(31)が10月8日スタート日テレ系連続ドラマ「OLにっぽん」(水曜・後10時)に主演することが25日、分かった。商社の総務部を舞台に、「ミス・ソーム。」と呼ばれるしっかり者のOLを演じる。「ハケンの品格」「やまとなでしこ」の中園ミホ氏(49)の脚本で、観月にとって連ドラ20作目の主演作。働く女性を魅力的に描く中園氏とは初タッグとなる。1992年の連ドラ初主演作、フジ系「放課後」から16年。「ナースのお仕事」「CAとお呼びっ。」など数々の役柄を好演してきた観月が、節目の主演20作目でしっかり者のOL役に挑戦する。「OLにっぽん」は、人気脚本家の中園氏が描くお仕事ドラマ。観月が演じるのは、戦前から続く老舗商社で「ミス・ソーム。」と呼ばれる総務部一筋の神崎島子。責任感が強く、負けず嫌い。当然、仕事もでき、上司からの信頼も厚い。そんな中、会社の方針で「アウトソーシング=外部委託」が決まり、島子は3人の中国人の教育係に指名される。成果主義の導入や派遣社員の起用で、正社員の立場はかつてのように盤石ではないのが現状。当初は「(外国人への)教育=自分たちの仕事が奪われること」と考えていたが、一緒になって困難を乗り越えていくうちに「自分が敵だと思っていたこの人たちは、本当に敵だろうか」と心境に変化が生まれてくる。こうした日本と中国の国境を超えた仕事の交流も、同作の見どころの一つとなっている。中園氏の作品への出演が決まり、観月は「今、この年齢で、中園先生と一緒に仕事ができるのは、リアルな30代の女性像を演じられる期待感がすごく大きい。中国のいいところと、日本のいいところをお互いに伝え合えればいいと思う」と気合十分。「同年代の働く女性が見たときに『働く姿ってステキだな』って思ってもらえるように、自分に重ねながら演じていきたい」と話している。久々の独身役で恋愛模様も描かれる予定。等身大の女性を演じる観月に、多くの女性からの共感を呼びそうだ。来月中旬からクランクイン。◆アウトソーシング 企業が自社の業務を外部の専門業者などに委託すること。外注によって専門性の高い業務、新規事業への進出が可能に。自社で正社員を育成する場合に比べ、短期間かつ低コストですむために経営資源を有効活用できるメリットがある。テレビ・ラジオ

[引用元:スポーツ報知]

観月ありさが女優20本目のドラマ主演の『OLにっぽん』!!

観月ありさって子役から芸能界に入っていたから芸暦も長いんですよね。

『OLにっぽん』は水曜夜10時から放送っ♪

ラバーサンダル アウトドア サンダル サンダル ブランド
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jobcafe.blog123.fc2.com/tb.php/561-63987f41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。